なた豆歯磨きと口臭

なた豆歯磨きと口臭

「口臭の原因である歯周病を解決しよう!」
歯周病で悩む人が増えていますが、口臭の原因でもっとも多いのがこの歯周病です。

 

口臭のあのムアッとした独特の臭いはこの歯周病菌により発生したガスが原因です。
虫歯の場所にも歯周病は多く住んでおり、虫歯になると口臭がキツくなるのは虫歯部分が
この歯周病菌の温床となっているからです。

 

歯周病菌は簡単に駆逐することはできず、普段からの口臭ケアが非常に重要と言えます。
口臭を改善する上でも歯周病の改善は必ず意識しましょう。

 

また、歯周病を改善するとされて最近話題なのがなた豆歯磨きによるブラッシングです。
なた豆には独自成分があり、これらが 口臭の原因である歯周病菌を減らすとされており、
最近ではこのなた豆研究が進み、口臭蹴あや歯周病ケアでなた豆歯磨きを推奨する歯医者さんも
増えています。

 

口臭を気にするのであればなた豆歯磨きを使用することをおすすめします。
歯周病と口臭の関係についてはこちらをご参考に

 

 

口臭の予防には水が効く

 

口臭を予防するためのものには、非常にシンプルなものがあります。

 

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、水は大きな効果があるそうです。水というのは、いわゆるミネラルウオーターや蒸留水など水の事です。それがなぜ効果があるかと言うと、口の中の乾燥度に大きく関係してきます。
基本的に口の中は、あまり乾燥するのが好ましくありません。

 

朝起きたばかりの段階などは口の中が乾燥しがちなものですが、口臭の原因は歯周病であるため、歯周病は乾燥した状態で増えやすく、
あの状況では口臭が発生しがちなものです。極力口の中を乾燥させないコトがポイントになってくる訳なのですが、その際には上記でも申した水が効果的という訳です。
他の飲料の場合、逆に水分が奪われてしまうケースがあります。カフェイン飲料などの場合は口の中の水分を奪う可能性がありますし、お茶も種類によっては利尿作用があります。

 

しかし水の場合は天然成分でもあり、口の中の潤いなども常に保つことができる訳なのです。シンプルながらも、水は口臭予防には大きな効果があると言われています。
ちなみに歯科医院によっては、水を摂取することをおすすめしているケースもあります。

 

ですので、細かく水を摂取する癖をつけると良いでしょう。普段から口の中の汚れを除去することを心がけつつ、細かく水を摂取するスタイルが良いと思います。

 

 

 

ガムになぜ口臭予防の効果があるか

 

ガムは、口臭のために効果が見込めるそうです。市販の薬店やコンビニなどでも、口臭のニオイをごまかすというものではなく、口臭の原因そのものに効果が見込めるというアピールがされているガムをよく見かけます。
ところでガムの効能ですが、唾液との関連によるものです。唾液不足の状況は臭いの原因となってくるのですが、ガムを噛むことによってその液が出てくるのです。その結果、臭い解消につながるわけです。

 

なお唾液には殺菌作用などもあります。それで口の中の臭いの除去にもつながってくる訳です。
なた豆ハミガキを使用しても唾液はたくさん分泌されるのですが、ガムも理論は同じということですね。

 

またガムを噛む以外の方法によって唾液の分泌促進することも可能です。ガムをある程度噛んだ後、今度は舌の上に乗せると良いそうです。舌の上に乗せて転がすようなイメージです。その動作を行うと、口の中に唾液が分泌されやすくなるのです。ひいてはそれが口臭の予防にもつながってくる訳です。

 

そのような効能がありますので、ガムというのは口臭には効果が見込めるかと思います。
ただし過信は禁物です。ガムによる効果は、永続的なものではありません。確かに一時的には口の中の唾液の分泌にはつながってくる訳なのですが、長期間に渡っての唾液分泌になる訳でもないのです。

 

長期的に防止をしたいと考える場合は、やはり口の中の汚れの除去をするのが大事だと思います。

 

 

 

重曹を利用して口臭予防

 

口臭には、重曹が一定の効果があると見込まれているそうです。
最近では歯磨きをする際に、重曹を用いている方もいらっしゃるそうです。重曹での歯磨きは、一般的な方法よりも歯の汚れがよく落ちると見込まれています。重曹は掃除などでよく用いられるツールですが、口の中の汚れの除去にも効果が見込めるという訳です。

 

もしもそれが本当でしたら、確かに口臭の効果が見込めると思います。口臭は口の中に残っている汚れによって発生するものだけに、効率的に汚れ除去ができれば口臭予防にもつながってくると思います。
そして口臭は、口の中をアルカリ性にしてくれる働きもあります。

 

私たちが接種する飲料の中には、口内環境を酸性にするものがいくつか存在します。それは、口の中の悪臭の原因にも関わってきてしまいます。
ところが重曹の場合はアルカリ性になりますので、口臭予防にもつながってくるのだそうです。

 

ただこの重曹に関しては、ちょっと人によって意見が分かれているところです。それが非常に効果的という意見もあれば、あまり意味が無いという意見もあります。
ただ確かにアルカリ性になるという効能は、ちょっと良いと思います。ちなみに重曹を摂取する時は、単純に水に重曹を溶かして飲むだけで大丈夫です。

 

 

 

口臭ケアとなた豆

 

欧米人は、口臭に対するケアはかなり厳しく行っているようです。ほとんど当たり前と言っても良いほどの感覚で、ケアを行っているそうなのです。
例えばお店に並んでいる商品などを見てみても、口臭防止グッズが非常に多いそうなのです。つまりアメリカやヨーロッパなどの国々のお店では、日本以上に口臭ケアに関する品物がよく並んでいるそうなのです。
それだけあの国々では、口臭ケアに関しては厳しく行っているそうなのです。日本人以上に、口臭に対しては敏感という訳です。

 

一方日本の場合も、最近はちょっと口臭ケアが色々と厳しくなってきたように思います。以前も口臭に関しては気を使っている人々がそこそこ多かったものですが、最近になってからは日本人は口臭に対してますます気を使うようになってきているように思います。

 

それは、日本の欧米化と関連しているように思えてなりません。昨今の日本は色々と欧米化しているものですが、それに連動して口臭ケアなども最近は強化されているように思うのです。

 

どちらにしてもヨーロッパやアメリカなどの国々の場合は、日本以上に口臭に対しては敏感なのは確かです。ですので海外旅行に行く前などは、普段以上に口臭に気を使う方が良いかもしれません。

 

一方日本や東南アジアではなた豆など植物の成分を使用して口臭を改善しています。
これは漢方などアジア文化だと言えます。

 

西洋医学のように殺菌ではなく、漢方の力を借りた口臭ケアがなた豆歯磨き粉なということです。